令和6年6月の作業

 先月はキクスイカミキリの出没でその対応に苦慮していましたが、目下その不安はなく胸を撫で下ろしています。
 同時にアブラムシの発生もいまのところなく、キクスイカミキリ対応での消毒作業が効を奏したのでしょうか。
 梅雨時にはいりますので気を緩めず病害虫対策を怠たらず例年どおりの作業を進めていきます。

1 主枝の摘芯と元葉の除去
 主枝の成長に伴い、残っていた元葉が邪魔になってきています。
 元葉を取り除き光を与えるとともに伸びた枝の摘芯も行います。
2 幹を太らせる
  先月同様フルメットを使用して10日ごとに幹、露出根に塗っていきます。
 (30倍程度の希釈液とする)
3 整枝作業の継続
  直幹仕立て用の挿し芽が遅かったので、整枝作業が遅れています。
4  施肥を多めにする
  来月には止肥をするので、今のうちにやります。
5 病害虫予防
 梅雨に入るので、いろいろな病害虫が発生します。雨の合間に農薬散布をします。
6 ムダ枝の処理
 既に順次に処理していますが、今月中にはすべて取り去ります。

 直幹仕立てを目指す平鉢植えの苗木の元葉取りを実施しました。
右の鉢は途中まで実施、左はこれからです。
フルメットも全鉢に塗りました。来月で終了予定ですが、それまで液がもちますかどうか。

Cyokanmotohatiri

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

 

| | | コメント (0)

2024年5月31日 (金)

筒植え苗つくりの発根状況

 4月に冬至芽の小苗を筒植えにして石付け用の発根を試みようとしてみました。
 約2か月の筒植え結果は御覧のとおり、根は細いけど15cmを越えるものもあります。
 早速、仮の石を使って盆栽風に形作ってみました。
 根が活着したころを見計らって、本数を整理していきますが、当面は根と茎を太くすることに努め、フルメットの散布をしつつ、本数を減らしていきます。

(筒植え状況)Tutuuetojime24_20240529144301

 

(発根状況)Tutuuehakon

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

冬至芽の平鉢定植後

春先に切り取った小菊の冬至芽をポット植から平鉢等へ定植し、順調に生長しています。
最近は大菊の挿し芽苗の定植で忙しく、小菊の管理が疎かになっていましたので、これからは整枝作業や幹を太らす作業が目白押しです。

(写真は平鉢等へ定植後の現状)
Tojimeteisyokugo

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

石付け仕立ての元葉取り

 石付けの鉢は根が露出したうえ、古木となった木肌が脆いので開花後はそのまま新芽の出現を待ちました。
 おかげで元木は枯れることなく新芽は今やボサボサに葉が茂るまでになったので、先日思い切って元葉を切り落とし脇芽の生長を促しました。鉢の廻りに植えてあるのは伸びた新芽から挿穂として切り取り挿し芽をしたもの。順調に根が伸びているはずです。
Isitukemotohatorigo

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

おなじみキクスイカミキリの動向

 1昨年まで出没していたキクスイカミキリが昨年は無事出没せず1年機嫌よく過ごさせていただきました。
 要するに小菊にはあまり影響はないようです。
 目の敵にしているのは懸崖やスプレー菊、ところが今年はとうとう足を延ばしてきました。
 例年どおり大菊苗や小菊の茎が途中でぷっつりと噛み切られ、上部の芽先は萎れていきます。
 まさにその犯人は害虫「キクスイカミキリ」の仕業です。
 これを退治する術はなく、捕殺するしかないようで毎日大切な苗を監視する必要に迫られています。
 Kikusuikamikiri22_20240505194701
                      (キクスイカミキリの食害)

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

«令和6年5月の作業