« 伊藤嵐牛とその仲間たち特別展をみて | トップページ | 笠井観音 だるま市 »

2014年11月26日 (水)

旧笠井郵便局の修復生まれ変わり 

 旧笠井郵便局の前身郵便取扱所が設置されたのが明治6年(1873)、それから40年後の大正8年、笠井郵便局として洋風局舎に改築された。
 だがその郵便局も寄る年波には勝てず、昭和48年に笠井の通りから新築移転したため、この洋風局舎は利用されないまま現在まで笠井の通りに残っていた。
 その行く末を安じていたところ、このたび修復され地域の住民にお披露目された。
外観は一部取り壊され、入り口は模様替えされたものの、姿かたちは変わらず室内も昔のフロアが保存されていた。ただ二階は居住区となり住人が住むことになっている。
これによって笠井の歴史的遺産は残ることになり、今後は様々な機会を通じ笠井の象徴として存在していくことを期待したい。
 もちろん俳人松島十湖の思い出とともに。

(修復後)Kasaiyubinkyoku_062


Kasaiyubinkyoku_093(窓口カウンター)



 
 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 伊藤嵐牛とその仲間たち特別展をみて | トップページ | 笠井観音 だるま市 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧笠井郵便局の修復生まれ変わり :

« 伊藤嵐牛とその仲間たち特別展をみて | トップページ | 笠井観音 だるま市 »