« 十湖奇行逸話 1 根くらべ | トップページ | 十湖奇行逸話 3 県令を叱咤す »

2015年4月14日 (火)

十湖奇行逸話2 大洪水で築堤

 明治十一、二年の頃、隣村倉中瀬の戸長となる天竜川が大洪水に村内一本松まさに流失の難に逢わんとするや人夫数百名をかり集め菰冠数本を運ばせ人夫に飲ませあたかも昼の内は洪水を知らさるものの如くであったが、いよいよ夜に入るや自ら先頭に立ち人夫を指揮し一夜の内に幅二間高さ一丈二尺といへる大規模の堤防を十九間築き上げ、流失を防いだので倉中瀬では翁の功績を賞揚して居る。

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 十湖奇行逸話 1 根くらべ | トップページ | 十湖奇行逸話 3 県令を叱咤す »

十湖奇行逸話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十湖奇行逸話2 大洪水で築堤:

« 十湖奇行逸話 1 根くらべ | トップページ | 十湖奇行逸話 3 県令を叱咤す »