« 十湖奇行逸話 5 鯉一足の押買い | トップページ | 十湖奇行逸話7 恩想の善導 »

2015年5月12日 (火)

十湖奇行逸話 6 方廣寺の行在所

十湖の郡長時代に新居町にありたる行在所を、将来の保存を慮かり東海道唯一の霊場として皇室との御縁故最も深さ奥山方広寺へ移築奉安することに尽力せられ其筋の許可により移転して孤雲閣と名づけた行在所の建物は明治の初年車駕御東行の際、新居駅に新築したもので明治天皇の御駐泊ありたる明治維新に於ける遠州の記念建造物にして十湖の尊王崇佛の至誠は千古に輝かん。

 
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 十湖奇行逸話 5 鯉一足の押買い | トップページ | 十湖奇行逸話7 恩想の善導 »

十湖奇行逸話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十湖奇行逸話 6 方廣寺の行在所:

« 十湖奇行逸話 5 鯉一足の押買い | トップページ | 十湖奇行逸話7 恩想の善導 »