« 白百合の只うなづきて別れ哉 | トップページ | 十湖奇行逸話18 居士号の一句 »

2015年8月 4日 (火)

十湖奇行逸話17 紛糾の調停

   北遠二俣町に紛糾が起って論争数ヶ月にわたり町長も手を焼き、郡長が仲裁に入つても納まらず益々紛糾を重ね自治体の破壊を免れざず危機に翁が仁侠的精神から仲裁に乗りだし双方の代表者を旅館福田屋に呼び付けて三日間の逗留で円満解決をなし其報酬として貰った金は翁が出発の朝生魚を買ひ町の隅から隅まで一軒残らず解決の祝ひの印として配り花火を打揚げ菰冠数樽を抜いて大振舞ひをした

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 白百合の只うなづきて別れ哉 | トップページ | 十湖奇行逸話18 居士号の一句 »

十湖奇行逸話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十湖奇行逸話17 紛糾の調停:

« 白百合の只うなづきて別れ哉 | トップページ | 十湖奇行逸話18 居士号の一句 »