« 十湖奇行逸話17 紛糾の調停 | トップページ | 十湖奇行逸話19 家は郵便局  »

2015年8月11日 (火)

十湖奇行逸話18 居士号の一句

  翁の居士号を授けられたのは「達磨忌や壁に向へばおのか影」の文字禅で日置黙仙大禅師から居士号を受けたことは有名の咄しで大禅師が渡米の際首途を祝うペく浜松駅の通過時間に紳明の音羽屋本店へ命じてうどん五六十人分を三つの大摺鉢へ入れて大禅師の乗って居る列車の中へ持込み「サアお召ください」とたので大禅師も「コレハこれは大好物ぢや」といつになく喜ばれて翁>の厚意を受けられた。

注 とろゝ汁と新聞にあったのはうそですホントウがうどんです

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 十湖奇行逸話17 紛糾の調停 | トップページ | 十湖奇行逸話19 家は郵便局  »

十湖奇行逸話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十湖奇行逸話18 居士号の一句:

« 十湖奇行逸話17 紛糾の調停 | トップページ | 十湖奇行逸話19 家は郵便局  »