« 謹賀新年 | トップページ | 十湖奇行逸話39 浜松で喜寿祝賀会 »

2016年1月 4日 (月)

十湖奇行逸話38 十湖様のおかげ

  余の居村中善地と五六丁を隔つ新築高井伊助方より大正十三年三月六日午後零時二十分発火し折柄の西風に猛火は忽まち四隣に広がり被害世帯二十二全焼家屋十九半焼家屋一損害見積高五萬八千七百円未曾有の大火で学校役場及翁の居宅は生増風下で甚だ危険であったが翁消防隊を指揮し.一方罹災者に金品を送り焚出し万端に努めたので十潮様のお蔭で助かったと生紳様のやうに崇敬した

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 謹賀新年 | トップページ | 十湖奇行逸話39 浜松で喜寿祝賀会 »

十湖奇行逸話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十湖奇行逸話38 十湖様のおかげ:

« 謹賀新年 | トップページ | 十湖奇行逸話39 浜松で喜寿祝賀会 »