« 高野山紀行(4) 第441回 | トップページ | 高野山紀行(6) 第443回 »

2020年12月 1日 (火)

高野山紀行(5) 第442回

 そのうち黄鶴の奇行が目立ち始めた。
 十湖の舘でも話題になり
「最近、黄鶴のうわさが絶えませんね」
 弟子のひとりが随處につぶやいた。
「それが、どうも近所では変人扱いにされているようで」
 黄鶴の家庭生活面が酒びたりの毎日に変わっている。
 世間の不評は彼の経済面から出たものであった。
 だからといって俳句や画に素質がない訳ではない。
 彼の持前の偉才は生きているはずだった。

 しばらく庭を眺め考え事をしていた十湖は、やはり黄鶴を同行させようと決めた。
 いろいろと思案に暮れたが、十湖は今回の旅への同行者三人を一番弟子の随処に告げた。
「黄鶴に決めましたか。私もそれが良いと思っていました」
 随処は、心から十湖を労った。
 大正十四年、十湖七十七歳の六月一日早朝、紀州の門人からの招待を受けて、一行は高野山へ向けて出立した。
 門人鈴木卓曙、小田松陰、鈴木黄鶴の三人が同行した。
 予定では高野山から山陽方面に向かい、神戸に滞在して六月十五日帰庵するはずであった。
 出立の日は既に梅雨入りしていたが、この日は正に梅雨の晴れ間といったところか。
 首途にあたり

  梅雨晴の不二を後に首途かな

 十湖も年のせいか、浮き立つ様子もなく淡々と静かに旅立っていった。

Jikokuhyot13



にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 高野山紀行(4) 第441回 | トップページ | 高野山紀行(6) 第443回 »

高野山紀行」カテゴリの記事

鈴木黄鶴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山紀行(5) 第442回:

« 高野山紀行(4) 第441回 | トップページ | 高野山紀行(6) 第443回 »