« 高野山紀行(5) 第442回 | トップページ | 高野山紀行(7) 第444回 »

2020年12月 2日 (水)

高野山紀行(6) 第443回

 同行者の一人に加わった黄鶴は、三年前に十湖に同行した北国行脚の時を思い出し、あの時のような自分本位の行動は十湖が懲りているはずだ、今度ばかりはないだろうと鷹を括っていた。
 それに交通機関もめざましく進歩して、汽車は一旦乗れば目的地まで連れて行ってくれるとあって、行く先への不安もなくなった。
 だが今の自分には一緒に行く資格はないはずなのに、十湖が同行を許してくれたことに感謝した。
 黄鶴は汽車の窓に顔をよせながら、十湖に弟子入りした頃を振返っていた。
 十湖は今の自分を必要としている。
 うぬぼれではないが弟子の中でも中堅になり、十湖が常に何をしようとしているかが分かるようになった。
 本当は画人として大成したいが、俳人としても十湖についていこうと思っていた。
 どこからか風が吹いている。
 ふと我に返ると、十湖が少しばかり窓を開け外の空気を楽しんでいた。

  すれ違う汽車より風の薫りけり
  涼風をのせて走るや汽車旅行

 やがて、汽車は名古屋駅に煙を吐きながら滑り込んだ。
 早朝に浜松を発ち、名古屋に着いた一行は思い思いにホームで体を伸ばした。

  涼しさや中京の名も広小路

 その日は名古屋に泊まり俳人仲間の接待を受けた。

Senro

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| |

« 高野山紀行(5) 第442回 | トップページ | 高野山紀行(7) 第444回 »

高野山紀行」カテゴリの記事

鈴木黄鶴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山紀行(6) 第443回:

« 高野山紀行(5) 第442回 | トップページ | 高野山紀行(7) 第444回 »