石倉翠葉

2023年9月 9日 (土)

俳人十湖讃歌 第122回 東北漫遊(11) 帰庵

 後で知ったことだが、白木屋には実業家鈴木藤三郎から滞在費として一千円の仕送りがあった。
 それにしても、鈴木藤三郎と比較すれば、実に十湖の強情我慢には驚くばかりと石倉は述懐している。
 聞くところによれば、この性格は母親の影響が大きかった。
  母親は非常に負けじ魂の強い人で、小間物類を背負い、商いをしては一生懸命稼いでいた。
 この境遇の間に育った十湖にとっては、貴賎の差別が甚だしかった時代である。
 微々たる小間物屋の倅に生まれため、村の者から軽んぜられる。
 それをしのんで仕事の合間には書物を読む。知らぬ文字は相手を選ばず聞いた。
 石倉は今回の旅で十湖の強情、この我慢、この利かぬ気は母親からもらった負けじ魂があったがために、この松島十湖翁ができたという事に考え及んだ。
 だからむしろ、美しい記念物として、貴み残しても良いと思った。
 後に石倉は記事掲載にあたり
 ――偉人にして俳名高く門人の数も万を数え、常に人の意表に出て常人に外れた行動が多い十湖を、人呼んで奇人という。まさにこれが十湖翁の翁所以なり
 と感慨に耽ったのであった。

 十湖の東北行きは帰路、東京の芭蕉ゆかりの地二箇所に句碑を建立し、同年四月下旬、東北旅行を終えて無事帰庵した。
 当時の新聞によれば次のとおり報じている。
 ――東北漫遊帰庵されし松島十湖翁の慰労会は、去る五月六日浜名郡笠井町不老館において、政治家、報徳家、俳諧家連有志主唱者となって開会せり。主催者総代丸尾秀敏が開会の趣旨を述べ、長田豊西学校長らの祝辞演説があり、次に松島十湖翁は漫遊の概況を兼ね答辞を述べ主客十二分の歓びを尽くし散会せしは午後十時頃なりしが
 地元での慰労会の参会者は三百二十余名、十湖は句を扇子に書して渡した。

   旅労れ雨の若葉にわすれけり

Wakaba

 

 (完)

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

| | | コメント (0)

2023年9月 3日 (日)

俳人十湖讃歌 第121回 東北漫遊(10) 十湖素裸体になる

 老墓守は年のせいで墓の掃除もままならないと言いたいらしい。
 しばらくは三人揃って老人の話を聞いていた。
「これを香料の足しにしてくれ」
 側で聞いていた十湖はおもむろに懐中に手をやると、財布を取り出し渡してしまった。
ついで、着物の袖から腕から手を抜くと
「これはお前が着ろ」
 十湖は墓守のみすぼらしい格好に、自らの帯を解き襦袢一枚と腰巻だけになった。
 脱いだ紋付袴を老墓守に差し出し立ち去ってしまった。
 雪が降りだしそうな気配だというのに、十湖は身震いしながらホテルへと舞い戻った。
 この着物は十湖が東北旅行に行くのに着替えがないといって、鈴木藤三郎から借りたものだった。
 翌日の地元の新聞は”松島十湖翁素裸体となる”との大見出しで、この奇行ぶりを紹介する。
 三月十三日、一行は仙台滞在五日にしてやっと宇都宮に戻ってきた。
 いよいよこれで十湖との吟行も終わりである。
 石倉と青木の両人は、十湖への礼心で大宴会を開くことを決めていた。
 場所は十湖との歓迎送別を兼ねて、市中第一の武蔵屋という茶店である。
 十湖が東北行脚をしていることは新聞で報道され、いまや地元仙台、宇都宮では話題となっていた。それに「十湖宗匠素裸」の見出しの記事は、奇行奇人ぶりで一躍脚光を浴びてしまった。
 送別会を開くとの広告に、会する者は市中の名望家や、市会議員、弁護士ら百余名集ったのは当然の結果であった。
 ここで十湖は堂々たる俳諧演説を試み、そのあと大連座会となった。いずれも拍手しないものはなく至極上々首尾である。
 ところがである。出席者の一人が宗匠に対しちょっと無礼の口を利いたのだ。
 子平の墓における十湖の奇行振りを笑ったものだった。
 十湖にとって尊敬する人物は一に芭蕉翁、二に二宮尊徳、三に渡辺崋山、四に中江藤樹、五に林子平である。尊敬する人物を傷つけられたのである。
 これにはさすがに十湖は頭に血が上り、武蔵屋の宴果ててなお、約三時間も林子平の人物論に怪気炎を吐き続けた。
 石倉と青木の両人は夜中の二時近くになって、やっと十湖を白木屋へ送り届けた。

Kangeturo

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年8月31日 (木)

俳人十湖讃歌 第120回 東北漫遊 (9) 子平墓前

 翌日は仙台一の料理店對橋楼で書画会が催され、十湖が招待を受けて出かける事になった。
 地元紙が仙台に十湖が来ていることを掲載したことで盛会であった。
 ところが、行った筈の十湖がいつの間にか会場から消えてしまった。
 書画会側の接待方が癪に触り、その席をはずし勝手に外へ出ていったのである。
 主催者が探し回ったあげく、発見したときには名物の芸者のハットセ踊りを見物しながら、すでにご酩酊であった。
 ふりかえれば、仙台の地は記者石倉の案内で古跡を巡り、それなりに吟行を重ねることができた。
 有意義に時間を過ごしたはずであった。
 次の日の朝
「もう行くところがないか」
 十湖が石倉に訊ねると、すぐに返事が返ってきた。
「江戸末期の政治家林子平の墓があるがどうしますか」
「それはここから遠いのか。歩いていける距離かな」
「駅前から歩いて十五分ぐらいのところです。あまり訪ねる人もありませんがね」
 同行の青木も同意し、三人揃って旅館から歩いて向かった。
 ホテルは駅前にあるので、そこまではさほどの距離ではない。
 この三日間は、十湖のご機嫌ひとつで随分悩まされた石倉と青木であった。
 しかし、このころになると十湖の人となりがわかったようで、きつい言動にも尻おじすることがなくなった。
 ふと、空を見上げると雲行きも怪しくなり、今晩は再び雪が舞うかもしれないと思われた。
「墓のあるところはこの辺のようですね。」
 目的の墓所に着いたと思われたが、どこが子平の墓なのか。枯れススキなどの雑草が生い茂り、墓が判然としない。
「どうも墓守もいないようだ」
 不安そうに青木は十湖に向って云った。
 江戸時代の政治学者林子平といえば、世に先んじて開国を叫び海防の必要性を唱えた人物で、鎖国の時代に言ったばかりに罪人となった。一七九三年五十三才で幽閉されて病死し、当時は罪人のため墓は作らなかったが、やがて罪をとかれ甥によって建てられたという。
 十湖は墓が当然あるべきもので、静かに安置されているはずだと思っていたらしい。
 ところが、この墓の荒れ放題を見て怒り心頭、持っていた杖で地を叩き、泣きじゃくってしまった。
「どなた様か存じませんが、何をそんなにお怒りになっていらっしゃるのですかな」
 この様子を遠くで見守っていた八十歳を越える老墓守が、つっと近づき言葉丁寧に声をかけた。
「林子平の墓を訪ねてきたが、あまりの荒れ放題に言葉がありません」
 石倉が十湖に代わり頭を下げて事情を話した。
「それはごもっともです。時代が変わり、もはや林子平には民衆は目も刳れないのです。参拝者もほとんどなく線香代も事欠く始末です。私は子平を尊敬しているので、こうして毎日墓守をしておりますが。もう年ですからのう」

Hattose


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年8月26日 (土)

俳人十湖讃歌 第119回 東北漫遊(8)毒舌説法

 十湖は酒を追加注文し、飲みだしては、またしても気炎を吐き始めた。
 矛先は青木画伯である。
「わしの荷物を持って先に部屋へ帰っておれ。俳席は我らだけでやる。画家には用はない」
「何だと。画家のわしに向って邪魔だというのか」
 青木も酒が過ぎており、売り言葉に買い言葉になってしまった。
「そうだ。画家の分際で俳句の席に居るのは邪魔だ」
「まだ云うか。わしはれっきとした画人だ。分際ではないわ。青木様と呼べ。この俺に向かって失敬千万だ」
 もはや石倉の仲裁には入る余地がなかった。
 怒る十湖の顔も尋常ではない。
「様を付けろとな。様をつけるのは人に付ける尊称だ。ほんとに後の世まで呼ばれる人は世界広しといえど数指の人にすぎず。その中におまえは入るのか」
「そんな意味で云ったものではない。ただ呼びづてにするなというのだ」
 手が震えている。青木は持っていた茶碗を、思いっきり庭先へ叩きつけた。
 十湖がさらに続けて云う。
「いまだに後の世まで呼ばれる人物は、かのお釈迦様とか孔子様とかの数指の人にすぎず、これは他国のことだが。我が国においてはお大師様とか、芭蕉様とかはその数指に数えられる」
「うーむ」
 青木は大きくため息をついてうなった。十湖の説法は留まることを知らない。
「かつて井伊直弼が横浜のために尽くしたことを思い、横浜の豪商大谷喜兵衛が銅像を建設しようとしたことがあった。ところがこれを邪魔する輩が現れて、建設をやめれば勲四等に叙するとか甘い言葉で誘ってきた」
「それがどうしたというのか」
 怒りが収まりかかった青木が言葉をつないだ。
「云うまでもないが、大谷は少しも志を変えず、建設の業を終え故人の徳を称えた。だから大谷様とか嘉兵衛様とか言われたのだ」
 傍で聞いていた石倉も腕組をしながら聞き入っていた。
「同じ横浜の人で巨万の富を貯えた平沼専蔵という男がいたが、何ら徳もなければ金だけがすべてという人物だった。人呼んで平専という。いかに社会的地位の異なるを見よ」
 そのうち左手を腰に付け、右手は宙をつかんだ。まるで自由民権運動の壮士の演説さながらである。
「悪かった。つい感情で尊称をつけよと迫ったが、そんな意味はなかったのだ」
 少しずつ酔いが醒めてきた青木は小声で呟いた。
「くどいがもう一度云う。古きより虎は死して皮を残し、人は死して名を残すという。されどその名も清く、死後も多くの人より様なる尊称を付けられることこそ人としての本望なり。徳をつみ努力すれば誰しもその域に達することができるはずだ」
 酔っていても理路整然とした十湖の話に青木は舌を巻いた。
「なるほど、要するに人は財産を独り占めしないで、勤勉であれ、しかも公益になることは共同で一致して実践するというならば、徳をつんで努力すれば後の世で様の尊称で呼ばれることもあるということですね」
 酒に酔って詰まらんことでお説教を食らってしまったと、青木は頭を掻いて自らをなだめていた。

Soshi

(教科書に載る壮士像)

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年8月23日 (水)

俳人十湖讃歌 第118回 東北漫遊(7)仙台

 翌日は白木屋の言葉に甘えて予定を変更し松島へ向かう。
 松島観月楼に三日間滞在して、松島を残りくまなく遊覧していた。
 石倉の案内は上々の首尾であった。

   友三人松に千歳の契りかなし

 さらに海辺の海老屋に宿を換え、朝餉に出た魚を題に三人代わる代わる句を作った。
 同行者の不安をよそに、至極呑気に周辺を見物した。
 次の日仙台へ戻る。先日と同じ陸奥ホテルに泊まる。
 元来酒好きな十湖は旅館に着けばすぐ酒だ。ぐびぐびと引っ掛けては気炎を吐く。
「酒の相手が居ないわい。わしの知り合いを呼んで来い。この近くのはずだ。旅館の者に聞けばわかるはずだ。一っ走り行って来い」
 この日は酒が過ぎたのか記者の石倉に向かって命令した。
 まるで小間使いのごとく扱われる始末に、石倉はとうとう怒り心頭に発する。
「僕は今回取材で同行して来ているんだ。これでもれっきとした著述家だ。十湖がどれくらいえらいか知らぬが俺に向かって小僧扱いや小間使いとしかみていない。馬鹿にするな。そんな命令をするなら今夜は宇都宮まで歩いて帰る」
 石倉は立ち上がるなり、十湖の面に杯の酒を引っ掛け言い放した。
「ともかくも十湖翁は俳句の大先輩なのだから辛抱しろよ」
 画家青木がなんとか仲裁に入ろうと石倉を別室に連れて行き、肩をたたきながらなだめた。
 石倉が再び部屋へ戻ると、赤い顔をした十湖が徳利を掲げながら声を荒げた。
「呼んできたか」
 石倉は十湖の強情に負けて、しかたなく呼びに行くことにした。
 事前に来てくれるよう頼んであったのだが、松島へ行くことになり日程がずれてしまった。相手はもう忘れてしまっていたのだろう。連れてきたのは、この辺では名の知れた俳人の来仙という。
 その夜は旅館で俳席を開くことになった。
 三月だというのに名残の雪が降り出してきた。
 俳席は大いに盛り上がった。
Yuge

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年8月19日 (土)

俳人十湖讃歌 第117回 東北漫遊(6) 宇都宮

「明日からの行程ですが、一応確認をしておきたいと思います。社の方で示された内容を紹介します」
 石倉は十湖の顔色を見ながら云った。さらに続けて
「今回の吟行は、仙台での句会と書画会での取材を中心とするもので、後日、新聞社の企画記事として扱う予定です。予算はここより仙台までの旅費及び宿泊費を社で負担します。いいにくいのですが、十湖宗匠が出向いてきているのをこれ幸いと社が便乗するようで申し訳ありません。社の示した範囲内の予算で行くのでご協力をお願いします」
 石倉は恐縮して云いながら、行程表をポケットから取り出した。
「こちらでどうこう云うことではない。君に任せるよ。それより酒はまだかな」
 別段異議なしと言わんばかりに十湖は、酒の催促をした。
 酒が入ると青木は砕け話が弾んだ。
 得意の画で節分の鬼を描くと、十湖がほめて自ら俳文を書こうという。なんやこれやで話は尽きず、一同夜を楽しく語り明かした。
 夜明け方近くになって十湖は何かを思い出したように
「おい、今日は松島見物に行かないか。仙台まで行くのだからちょっと足を伸ばせばいい」
「社の予定は仙台市内です。行きたいのは山々だが、残念なことには我ら両人は貧しく贅沢な遊びをするほど金は持っていません」
 石倉が怪訝な顔で返す。
「両人で三十円くらいはできよう。足らんところは自分が出すから、たのむ」
 十湖は少し譲って、何としてでも行ける算段を掛け合った。
 両人はどうしたものかと思案していたところ、
「こんなに朝早くからどうしたんですか」
 白木屋の主人がやって来て、寝巻き姿の十湖に訊ねると
「今日は天気もよさそうだし、せっかくここまで来ているのだから芭蕉の足跡を訪ねてみたいと話していたところだ。」
 白木屋は既に大きな声で三人が言い合っているのを聞いていたが、あえて記者の石倉に小声で尋ねた。
「宗匠が芭蕉の足跡を訪ねたいというけど、皆さんは否定的なのですね」
「実は取材の金は知れている。見物するほど社は金を出してはくれないし、まして自分たちで工面せよといわれても困ると言ったのだ」
 石倉は白木屋の仲立ちで正直に会社の実情を話した。
「分かりました。それならせっかくここまで来たのですから、皆様ぜひお出かけなさい。旅費は私が全部持ちますから」
「それでは白木屋さんに迷惑がかかる」
 石倉は遠慮する仕草をした。
「いやいや申し訳ない。それじゃあ、お言葉に甘えて行くことにしよう」
 十湖はすかさず礼を云い、相談がまとまったことにして喜んだ。

   春嬉し旅から旅のこの首途

 まったくもって調子のよい十湖であった。
 同行の二人は後の不安を感じながら顔を見合わせていたが。
 この日のうちに宇都宮から仙台に移動。当初の予定どおり散策吟行する。泊まりは駅の近くの陸奥ホテルに決めていた。
 仙台へ着けば

   仙台に待つ春の夜は明けにけり

Yoake

 

 

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年8月16日 (水)

俳人十湖讃歌 第116回 東北漫遊(5)談合

 十湖は、藤三郎には句碑のほか二宮尊徳生誕の地の樟苗百株、観音菩薩の石像一体、自吟の碑石一基を寄贈した。
「鈴木氏が十湖翁からの贈り物を溺愛してくれれば、いつか翁の祠殿を造る時には木も大きくなり、きっと役立つだろう」
 出席者の一人山本湛翠が短い祝辞の最後に語り、会場の失笑と拍手を招いた。
 式典のあとは宴会となった。
 十湖は気を許してぐびぐびと酒を飲んでいた。
「それにしては随分と式には人が集まったものだ。藤三郎の人徳じゃ。わしだって自分の門人が一万人いるから、東京まで出てくると、どこにいても門人等に会うことができる」
 いつもの負けん気で鼻を鳴らした。
 宴がたけなわとなったころ、一人の若い男が十湖の前に徳利を持って現れた。
Yasiki
(藤三郎邸図)

 波瀾が起こることを予感していた藤三郎だったが、まさか今度は東北まで旅をしたいと十湖が言い出すとはいささか呆れ顔であった。
 昨日の式典後の宴会で、宇都宮の日日新聞記者と意気投合してそんな話になったようだ。
 十湖が言うには明日、宇都宮駅前の白木屋旅館で日日新聞記者の石倉翠葉氏と会う予定で、この旅館を中心に東北を吟行するという。
 だが、着の身着のままで上京してきてしまったので着ていくものがない。ついては何か貸してくれと十湖にせがまれた。
 翌日、宇都宮駅前の白木屋旅館に、真新しい着物を着た十湖の姿があった。
 白木屋旅館といえば東北本線が開通し宇都宮駅が開業した日に、初めて駅弁を作ったことで世間には知られていた。
 当時の駅弁はおにぎり二個にたくわんを添えたものだったが、評判はすこぶるよく経営上り調子の旅館であった。
 待ち合わせの会場へ新聞記者石倉がやってきた。
 二八歳になるが背広姿が落ち着いて見え、記者にしては眼が優しい。
 昨夜宴会の席で、十湖に今回の旅を提案してきた男である。
 今日は隣に連れが一人いるようだ。
「吟行には文章の書き手も必要だが画家も入用でしょう。そう思って画家の青木香葩(こうは)さんを同行してきましたが」
 石倉は初老の男を紹介した。
 男は六十歳に手が届く年齢かと思われる。髪は短く刈上げ所々に白いものが目立った。
 和服姿で手に画帳を提げて少しばかり腹が出て恰幅がいい。
 十湖にとって青木は初対面である。
    石倉が言うには画家としては地元で知らない者はなく、俳号を池畔亭葩笠といい俳句にも精通しているという。
 青木香葩は上州館林に生まれた容斎派の画家で青木翠山の養嗣。松本楓湖の弟子である。
 小林古径に歴史画を教えた画伯でも知られ、後に古径は文化勲章を受章している。
「旅は道連れ、これといって断る理由もなし」
 十湖は上機嫌で明日から三人で旅することに決めた。
「それじゃあまずは出発を祝って酒宴でもあげますか」
 石倉がそういうと、酒が来るまで車座になって部屋で待った。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年7月12日 (日)

俳人の礼(15最終回) 第410回

   同月二十五日は、いよいよ大撫庵を辞し去る日である。一生の記念としようとした今度の旅も今日で終わるのである。
 五時に床を出て十湖に逢う。昨夜の嵐は知らぬ顔である。相ともに別れの盃酌み交わし、令夫人のおもてなしの朝餉を頂戴した。
 八時、惜しき別れを大撫庵に告げた。
 玄関には馬車が二台横づけにされている。
「さあ、乗ってくれ。浜松駅まで見送るよ」
 翠葉は見送りだけは辞退したが聞き入れない。
 十湖は笑顔で翠葉を馬車へと導いた。
 もう一台の馬車には雪城、鶴眠、水野以文画伯、山下淵澄等が乗り込んだ。彼らも見送るという。
 二台の馬車は嘶きとともに駆け出した。車中での会話はしめやかで、やっと浜松駅に着く。
 改札を抜けたところで十湖から土産を渡された。
 大荷物が三個、そのほかに手荷物の合札もあった。それらはすべて翠葉への土産として贈られたもので品数は百余点である。
 汽車に乗り込もうとすると、十湖の万歳の発声と見送りの人々の声に送られた。
 汽車は一路、東京を目指した。車窓に映る風景の中には家族の顔が浮かんできていた。
 あくる日、大撫庵はいつものように、庭に放し飼いの鶏の声が朝を告げた。だが、庵からは誰も出てこない。朝日に向かって手を合わせる者もいない。ただ竃で飯を炊く炎がボーボーと呻っている。
台所では佐乃がまな板を叩く包丁の音が心地よく響いている。
昨夜の酒が利いたのか、眠気眼の十湖が庭を見てひとり呟いた。
「誠をもって風交する俳人は世の中には沢山いる。その中で楽しい誠の友と親しく膝を接し、楽天境に浸ることができるものがどれだけいるだろうか。わしは果報者よ、誠の付き合い方を翠葉に教えられたわ。良き盟友を持ったものよ。俳人としての礼はあいつのためにある言葉だな」

(十湖が花笠庵翠葉宗匠の来杖を歓び詠んだ句   客うけや庵は幸い竹の春
Sikisi
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

 

俳人十湖讃歌 - にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

俳人の礼(14) 第409回

 外を見ると行脚がうな垂れて、すごすごとあてどなく帰っていく。
 それはそれ、これはこれと翠葉は門前まで出て行って見送った。
「東京に来たら訪ねてくるように、今回はあなたが悪かった、十湖宗匠の云うことは正理である」
 こう慰めて袖を別った。
 行脚を見送って座敷に戻ると、十湖が未だ怒りが収まらずにいる。
 翠葉は十湖の肩に手をかけて
「爺さんの志はようく胸に納めて忘れない、だからもう大人しく休んでください」
 と泣きながら頼んだ。
 十湖は唯々諾々として寝室へ去ったのだった。
 この日十湖らが詠まれた挨拶吟は
   無二の友迎へて嬉し庵の秋   十湖

 これに雪城が脇を詠む
   待ちに待たれし月の輝き    雪城

 第三には淵澄宗匠が
  萩芒同じ野もせに匂ふらん    淵澄 
 
 これに挨拶吟
  お顔さへ仰げば袖の時雨哉   翠葉

 これに十湖が脇をせられた
  寒さ忘れて突合す膝      十湖

 鶴眠宗匠が第三をされた
  鯛一荷一尾残らず買入れて   鶴眠

 十湖の挨拶吟の脇は何と情感が籠っていたことかと述懐しながら、翠葉が眠りについたのは午前一時であった。誠にもって大変な今日一日であった。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

俳人十湖讃歌 - にほんブログ村

 

 

| | | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

俳人の礼(13) 第408回

  翠葉は内心つぶやきながらも、爺さんの気性はよく呑み込んでいる自分だ。非道の怒り方は断じてしない人である。仲裁すれば尚と怒り出すに違いないと口は出さずに控えていた。
 怒鳴った理由は明白であった。
 ――今日の歓迎会は行脚のお前のために開いたのではない。花笠庵のために開いたのであるから、散会を告げたなら一応暇乞いをすべきである。それが俳人の礼である。わしは行脚を泊めることは何とも思わない、年中四、五人の行脚を養っておる。一飯を振舞い、一夜を貸すのを惜しむのではないが、お前は俳人の礼を知らぬから帰れというのだ。花笠庵の部屋には門人さえも通させない、膝行させて出入りさしている。来客へも敷居の外で挨拶させている、それになんだ無断で花笠庵の上座を占め、芭蕉翁の像を後に悠々話し込むとは不作法千万の野人である。辞し去ると云わばこの方から引き止めるが、居座るとは不埒の奴だから即刻たちのけ
 こういうわけで怒り出したのである。
いかにも十湖の説はもっともである。行脚というものは厨の音を聞いてさえ門を叩くのを止めよというくらいである。
 世の多くの俳人は磊落の履き違いをしている。酒々落々たる間にも礼節を忘れないのが尊いのである。
 翠葉はまさに爺さんの怒り出しそうなことだと、はらはらしていたが、むしろ痛快に感じていた。こうも爺さんは自分の事を思っていてくれるのかと涙が一杯になってしまった。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

 

 

俳人十湖讃歌 - にほんブログ村

 

| | | コメント (0)