2024年6月29日 (土)

またしても病害虫!褐班病発生対応

 去年はこの時期に発生し事なきを得たのですが、褐班病はもう発生しないとタカをくくっていたのが間違いでした。
 葉に円形や四角の黒褐色の斑点を生じ輪紋となり、やがて葉全体にカビが発生し葉が枯れはじめ下葉から枯れ落ちてきました。
 迂闊にも害虫対策は施していたのに土壌消毒に必要な薬剤の散布は含まれていなかったのです。
 今回は特に大菊用の苗に発生し、小菊の方はそれほどではなかったので下葉が枯れつつあるぐらいしか危機感がなかったのが悪かったようです。
 防除策としてベンレート水和剤を散布をしておきました。
 被害が広がる様であればすべての苗が廃棄処分となりますので、当分監視が必要です。
                   (褐班病の大菊苗)
20240620_094323

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年6月26日 (水)

直幹仕立ての整枝状況

 今年は冬至芽からの挿し芽が遅れたせいもあって、冬至芽そのものから直幹に仕立てています。
 まだまだ幹や根が太くならないのが悩みの種ですが、ベテランさんは次々と大きな鉢へと移し替えています。
 フルメットで幹を太くするのもあと1か月程度なので、計画的に塗っていきたいですね。
 根は露出しておくことで太らせることができることから、根に被った土を取り除くだけでも効果的でしょう。

 20240609_090009

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年6月 5日 (水)

令和6年6月の作業

 先月はキクスイカミキリの出没でその対応に苦慮していましたが、目下その不安はなく胸を撫で下ろしています。
 同時にアブラムシの発生もいまのところなく、キクスイカミキリ対応での消毒作業が効を奏したのでしょうか。
 梅雨時にはいりますので気を緩めず病害虫対策を怠たらず例年どおりの作業を進めていきます。

1 主枝の摘芯と元葉の除去
 主枝の成長に伴い、残っていた元葉が邪魔になってきています。
 元葉を取り除き光を与えるとともに伸びた枝の摘芯も行います。
2 幹を太らせる
  先月同様フルメットを使用して10日ごとに幹、露出根に塗っていきます。
 (30倍程度の希釈液とする)
3 整枝作業の継続
  直幹仕立て用の挿し芽が遅かったので、整枝作業が遅れています。
4  施肥を多めにする
  来月には止肥をするので、今のうちにやります。
5 病害虫予防
 梅雨に入るので、いろいろな病害虫が発生します。雨の合間に農薬散布をします。
6 ムダ枝の処理
 既に順次に処理していますが、今月中にはすべて取り去ります。

 直幹仕立てを目指す平鉢植えの苗木の元葉取りを実施しました。
右の鉢は途中まで実施、左はこれからです。
フルメットも全鉢に塗りました。来月で終了予定ですが、それまで液がもちますかどうか。

Cyokanmotohatiri

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

 

| | | コメント (0)

2024年5月31日 (金)

筒植え苗つくりの発根状況

 4月に冬至芽の小苗を筒植えにして石付け用の発根を試みようとしてみました。
 約2か月の筒植え結果は御覧のとおり、根は細いけど15cmを越えるものもあります。
 早速、仮の石を使って盆栽風に形作ってみました。
 根が活着したころを見計らって、本数を整理していきますが、当面は根と茎を太くすることに努め、フルメットの散布をしつつ、本数を減らしていきます。

(筒植え状況)Tutuuetojime24_20240529144301

 

(発根状況)Tutuuehakon

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

冬至芽の平鉢定植後

春先に切り取った小菊の冬至芽をポット植から平鉢等へ定植し、順調に生長しています。
最近は大菊の挿し芽苗の定植で忙しく、小菊の管理が疎かになっていましたので、これからは整枝作業や幹を太らす作業が目白押しです。

(写真は平鉢等へ定植後の現状)
Tojimeteisyokugo

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

«石付け仕立ての元葉取り