« 冬季間の苗の育成法 | トップページ | 直幹用挿し芽の実施 »

2016年2月 6日 (土)

28年2月の作業

 いよいよ盆栽菊にとって春の挿し芽時期です。
 といってもこれは主に直幹用の苗づくりです。すでに親木から冬至芽が出ているでしょうか。
 準備は挿し芽床つくり、この時期保温の準備が欠かせません。
 優勢な芽を切り取って挿し芽作業を行います。
 作業後20日ほどで出た芽を育てる予定です。
 ① 直幹用の挿し芽の実施
 ② 石灰硫黄合剤などで土の消毒。1月に続き2回目、3回目を実施。これでおしまい
 ③ 模様木、石付け用苗の施肥、液肥
 ④ フレーム内での育苗にはアブラムシ対策。農薬散布

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

| |

« 冬季間の苗の育成法 | トップページ | 直幹用挿し芽の実施 »

2月作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 28年2月の作業:

« 冬季間の苗の育成法 | トップページ | 直幹用挿し芽の実施 »