« 直幹仕立ての化粧鉢定植 | トップページ | 菊花展に出品 »

2017年10月29日 (日)

29年11月作業

  2度目の台風が来るというので、菊はふたたびビニールハウス内へ引っ越しです。
 小菊盆栽は例年に比べ、少しずつ開花してきています。
 今年は赤系統の苗が早く咲き、中でも岩桜は今が満開です。
 先日写真を紹介したのがその苗です。
 サテ、花が咲き大会出品を済ませれば、後は来年のきくづくりの準備となります。
 でも、そのまえに丹精の花を大いに楽しみます。
 地域の菊花展を鑑賞したり、ちょっと足を延ばして県外の菊花展も視察をしてきたいと思います。
 特に今年は苗の種類とその仕立て方を見てきたいと思っています。
 これが菊づくりで1番楽しい時ではないでしょうか。
 こんな便利なページを見つけました。
 お出かけの時は参考に。自己責任でお決めください。
 秋から冬の花&花の祭り 菊花展2017

 それが済んだら来年用の苗づくりに取り組みます。
 1 盆栽仕立ての花後の取り扱いは花茎をはさみで切り取り処分し、液肥を施して、新芽が出るまでそのままにする予定です。
 2 既に親木づくりが済んでいるものは、そのまま肥料を施し冬至芽が出るのを待ちます。

 植え替え用の土は既に利用した古土を利用します。
 新芽が出たら新しく作った土を利用する予定です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

| |

« 直幹仕立ての化粧鉢定植 | トップページ | 菊花展に出品 »

小菊盆栽」カテゴリの記事

菊づくり」カテゴリの記事

直幹仕立」カテゴリの記事

石、木付き仕立」カテゴリの記事

模様木仕立」カテゴリの記事

11月作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 29年11月作業:

« 直幹仕立ての化粧鉢定植 | トップページ | 菊花展に出品 »