« 化粧鉢への定植(直幹仕立て実践編) | トップページ | 直幹仕立ての化粧鉢定植 »

2017年10月21日 (土)

来年用苗の親木の管理(筒植え)

 木付け、石付けの来年用苗は既に親木作りをして露地植えにしてあります。
 その親木にも蕾が付き、開花寸前まで来てしまいました。
 木が硬化しないよう急いで摘蕾をします。
 今後、筒の中は根がいっぱいに回ってくるので、5か6号鉢へ植え替えをするつもりです。
 
 もっかのところ大菊の仕立て直しで手いっぱいのこの頃です。
 それにしては、今年は成長が悪い。
 最近の雨で蕾は早く付いたものの枝の伸びが芳しくありません。
 輪台つけの際、支柱を一段低いものに取り換える必要が出てきました。

Rainennae01
(摘蕾前の筒植え)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


 

| |

« 化粧鉢への定植(直幹仕立て実践編) | トップページ | 直幹仕立ての化粧鉢定植 »

小菊盆栽」カテゴリの記事

菊づくり」カテゴリの記事

石、木付き仕立」カテゴリの記事

10月作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年用苗の親木の管理(筒植え):

« 化粧鉢への定植(直幹仕立て実践編) | トップページ | 直幹仕立ての化粧鉢定植 »