« 化粧鉢への定植 | トップページ | 石付き仕立ての化粧鉢上げ »

2017年10月10日 (火)

来年用苗の蕾処理

 今年の作品作りで忙しいのに、一方では来年用の苗の管理もしなければなりません。
 5月に挿し芽をした苗は、旺盛に成長しています。
 これは来年用の挿し穂を確保するため親株として育ててきたもので、発根したら露地栽培して現在に至っています。
  今、この苗にも蕾がつき始め、花を確認しながら楽しむか、それとも活力ある苗を育てるために蕾をすべて摘んでしまうのか。・・・・思案中?
 写真のようにこれだけ繁茂しているなら、どちらもできるはずです。
 思い切って半分はすべて蕾を取り、残りは花を楽しむことにします。
 各種類2本ずつでも挿し芽苗を作っておいて助かりました。
 花を咲かせば、ここで実生もとれるはずで、受粉の結果新種ができるかも?
 微かな期待も出てきました。

Raineyonae29
※奥にみえる筒植えの苗は石付用です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ

 

| |

« 化粧鉢への定植 | トップページ | 石付き仕立ての化粧鉢上げ »

小菊盆栽」カテゴリの記事

菊づくり」カテゴリの記事

石、木付き仕立」カテゴリの記事

10月作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年用苗の蕾処理:

« 化粧鉢への定植 | トップページ | 石付き仕立ての化粧鉢上げ »