« 木.・石付けの要領補足 | トップページ | 第2回目の植え替え »

2018年4月 7日 (土)

幹、根を太くする方法

 何度か幹、露出する根を太くする方法を試してきましたが、やはりフルメット溶剤の使用が無難なようです。
  昨年は時々溶剤を作るのに展着剤の混合を忘れたときがありました。
 今年はそんなことのないよう作業手順を踏んで進めていこうと思っています。
 昨日から始めました。
  定植した苗の幹を太くするためのフルメットとは、協和発酵バイオが取り扱う薬品で、本来の使用目的はぶどう、キウイフルーツの果実肥大やメロン類の着果促進をはかるものだと表示されています。
 今回は5月まで10倍に希釈して使います。
 ①水10ccに展着液を混合します。1滴程度。
 ②それにフルメット1ccを入れます。
 ③混ぜたものを筆で根元から2㎝程度の高さまで塗ります。
 ④次回は10日後を予定

 フルメットの溶液を薄めて幹に塗りますが散布ではなく筆で塗っていきます。
 毛筆用やペンキ用の刷毛だとたっぷり溶液を含んでしまいますので、油絵の筆とか水彩画の絵筆で平たいものを使います。
 これなら多少、量は少なくて済むような気がします。
 溶液はひと瓶に50cc入っており、5月中まで10倍液を作り10日~15日ごとに塗ります。
 6月から7月は50倍液にしていこうかと考えています。
 その後の塗り方は1回目は2㎝、2回目は4㎝、3回目は6㎝、4回目は8㎝、5回目は10㎝、6回目は12㎝目分量で塗っていきます。
 塗る時期は4月から7月中旬まで(7月下旬は薬害が出る)
 最近ではppmという単位で希釈倍率を云うようで、ベテランの方は5月ごろまでは100ppm(フルメット1cc,水9cc)、7月までは200ppm(フルメット1cc、水4cc)を使用するそうです。
 昨年の実績では期間通して50倍で実施しましたので、今年は6月以降だけ50倍にしてみようと思っています。
 さて効果はどのくらいの違いが出るのでしょうか。

 Furume



にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

| |

« 木.・石付けの要領補足 | トップページ | 第2回目の植え替え »

小菊盆栽」カテゴリの記事

直幹仕立」カテゴリの記事

石、木付き仕立」カテゴリの記事

4月作業」カテゴリの記事

コメント

早速のご返事有り難うございました 大菊ではやられたことが無いとのこと 了解いたしました 個人で試しにやってみます なるべく薄くして使用してみます
私の所属支部には 優秀な方が数名居られて よく指導していただけますが 途中下車してしまいます 今年こそはと思っていますが どうなることやら 頑張ってみます
此からもよろしくお願いいたします

投稿: とっちゃん | 2018年5月15日 (火) 21時30分

とっちゃん様
 当ブログへのお立ち寄りありがとうございます。
 開設者の自称「キク坊」です。
 愛知県では菊づくりが盛んで、盆栽もうまく作る方がいるようですね。
 一度菊花展を覗いてみたいと思っていましたが、なかなか行く機会に恵まれませんでした。
 さて、小菊盆栽の仕立ては太い幹と力強い根張りを作り、樹木と見間違うような古木感を創出して鑑賞するものです。
 5月から6月は主幹や一の枝を形作る時期であり、幹の発育が最も盛んな時でもあります。
 十分に肥培して、整枝を行い太い幹を仕立てればいいのですが、なかなかそうは簡単にはできません。
 そこでフルメットの出番です。
 かつてはそんな薬品がなかったから、名人たちは試行錯誤をして仕立てたのでしょう。
 いまではこの使い方次第で実現できるのです。
 しかし、薬品ですので濃度を間違えると、古木感どころか幹が剥離したりして失敗することもあります。
 先月までは10倍の希釈で塗ってみましたが、進行が早く個人的にはもっと倍率を上げて薄めた方が自然な幹に仕上がるのではと思っています。
 今回コメントをいただき気づいたのですが、タイトルに「根を太くする方法」となっていましたので、「幹」を加え「幹、根を太くする方法」と訂正させていただきました。
 根はあくまでも露出した部分のみで、いかに主幹を盆栽の姿にするかというのが主旨でした。
 大菊でのフルメットの使用は、やったことがないので、ここではお答えは省略させていただきます。

投稿: キク坊 | 2018年5月14日 (月) 22時23分

初めまして フルメットを検索していてこちらに到着いたしました 7年前に名古屋城菊花会に入会して 大菊を主にやっています 3年ぐらい前から私も山菊をやり始めたのですが 3回とも途中下車しました 今年も模様木を10鉢やり始めましたが どうでしょう出来るか出来ないか全く未知です 大雑把な私には なかなか難しいところがあるようです 支部には山菊の上手な方が居られますが 何を聞いたら良いのかが私には解らずにいます
こちらは かなり詳しくて かなり参考になるのではと思いました 此からも拝見させていただきたいと思います
ところで フルメットですが 大菊に使用することは出来るのでしょうか もしご存じでしたら
使用方法やどんな利得があるのか等 教えて戴けませんでしょうか 突然で大変失礼とは思いますが 一つよろしくお願いいたします

投稿: とっちゃん | 2018年5月13日 (日) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幹、根を太くする方法:

« 木.・石付けの要領補足 | トップページ | 第2回目の植え替え »