« 無残やな!石付け用石の補修 | トップページ | さし芽苗の植え替え »

2020年1月26日 (日)

令和2年2月の作業

 例年より早くからさし芽作業を開始したので、これからは次の段階に入ります。
 土づくりもそれなりに進んでいて、あとは冬至芽の出具合だけが気になるところです。
 2月は生育が活発になる時期ですので、今の思いよりも忙しくなりそうです。
 作業内容
①発根したさし芽苗はポット植えをする。
②前月に引き続きフレーム内で冬至芽のさし芽を実施。
③現にポット植えの苗は平鉢に植え替え、根を露出させて太くする。
 根を露出させる方法は植え替え時に台を作り土面より高く植える。
 過去には発泡スチロールで作った台座に乗せて植え替えたのですが、根に土を掛けたためにそのことを忘れそのまま成育させてしまったことがありました。これでは根は太くなりません。反省です😞

(過去のやり方)
 発泡スチロールの台座(盛土の代用)
Ueka01
(今年の場合)
植え替え後

Morituti
今年は根を露出するため発泡スチロールの台座だけでなく
けと土で盛り土をしてみようと思います。




 

 

| |

« 無残やな!石付け用石の補修 | トップページ | さし芽苗の植え替え »

2月作業」カテゴリの記事

苗作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無残やな!石付け用石の補修 | トップページ | さし芽苗の植え替え »