« 枝つくりのための摘芯 | トップページ | 3年7月の作業 »

2021年6月30日 (水)

苗の植え替え着眼点の点検

 今年は生長が遅いのかと気にしていたところ、梅雨に入り葉が生い茂りだし未だ元葉を落としてない箇所をみつけました。
 早速切り落としながら芽先の摘芯と施肥をして元の鉢に戻しました。
 根元の太さはこれまでと変わっていないようなので、フルメットを塗り植え替えを終了しました。
 この作業において、アリがうろうろしているためアブラムシなどの発生があるのかと注意深く鉢廻りや葉裏を点検したもののそれらしい様子はありません。
 いずれにしろ農薬散布は必要ですので雨の降る前に行いたいと思っています。
 とりあえず今回実施した作業の結果は下記写真のとおりです。

今回の着眼点‥‥各枝の摘芯場所は下芽の上ですること。不要な元葉は切り捨てること。根元に小枝があれば将来不要であっても今は根元を太らせるために残しておくこと。植え替えは元の鉢に収まるように、伸びた根があれば適当に切り揃えること。
(摘芯前)
 Ishituketekisinmae

(整枝摘芯後)
 Ishituketekisingo

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

  

記事がお気にいったら
 上下のバナーにポチッとお願いします


にほんブログ村 花・園芸ブログ グリーンのある暮らしへ
にほんブログ村

 

 

| |

« 枝つくりのための摘芯 | トップページ | 3年7月の作業 »

石、木付き仕立」カテゴリの記事

整枝・枝つくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 枝つくりのための摘芯 | トップページ | 3年7月の作業 »