« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月29日 (土)

古土利用の培養土つくり

 古土をバスアミドで消毒後、早速小菊用の培養土を作りました。
 古土4、腐葉土3、パーライト1、クンタン、小菊用に小粒赤玉土1(発酵済)の割合で混合して利用します。
 大菊用には大粒、中粒赤玉土を混ぜて利用すれば古土も無駄なく使え、後は施肥をすれば菊づくりの土として十分な量の土が用意出来ました。

 Baiyodofurututiriyo

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年4月27日 (木)

バスアミド消毒の結果は?

 バスアミドを古土に混ぜて消毒をして10日以上が経過したので、袋から取り出し土をかき混ぜながら乾かしました。
 すると結果はヨトウムシでしょうか土に紛れて出てきました。
 もちろん死んでいます。効果はあったようです。
 日光消毒をした後は腐葉土などを混ぜて、菊の土を整えていきます。
 日頃、栽培中は病害虫の予防もしているのに、いつの間にか入り込んでしまうのですね。
 菊の敵も然るものです。
Basuamidogo

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0)

2023年4月16日 (日)

古土の活用法(再利用するために土の消毒をする)

 これまでも試行錯誤しながら古土の再利用して、菊のための土づくりをしてきました。
 今年は既にさし芽を済ませ苗作りをしています。
 後は植え替えを終えたら様々な仕立て方を実施すればおのずと盆栽はできていきます。
 ですが不足するのは植え替え後の用土の準備です。 
 さし芽後の古木の鉢の土は必要ありません。
 ひっくり返して土を出してみると、ヨトウムシやら、ムカデまでどこから鉢に住み込んだのか。
 これでは再利用は困難です。
 そのためには用土を消毒するか捨てるしかありません。
 しかし折角腐葉土を作り、施肥もして土づくりをしてきたものだから捨てるのはもったいないです。
 残るは消毒です。
 その方法は2つ(菊つくりコツのコツ:上村遥著 参考)
1 天日干しの方法 
2 バスアミド法の活用です
  どちらも例年実施しているので要領はわかります。この時期は2バスアミド法が有効です。 
  このブログでも紹介しているので初めて知ったという方は記事を検索してみてください。
  さっそく本日消毒用の土を袋詰めをして2の方法をしてみました。

Basuamido_20230415151301

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2023年4月 8日 (土)

古木の活用

 昨年石付けで仕立てた古木に新芽が出てきました 
 この芽を挿し芽として使えば今年の直幹仕立て用になります。
 しかし今さら挿してもすでに出来上がった今年の苗にはかないません。
 それならば、この芽を生かして古木の石付けとして育てていくのも楽しいものです。
 まずはこの根元のどの芽を使うのか決めて、根を石に活着させて姿を作りなおしていこうと思います。

Kobokunoisituke


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

 


盆栽ランキング

 

 

 

| | | コメント (0)

2023年4月 7日 (金)

挿し芽後の直幹仕立て用苗は順調に育つ

 2月にさし芽をして育ててきた苗や種から育てた苗など目下順調に生長中です。
 ただ根の本数は出たものの細いため、平鉢に植え替えたとき根を露出して植えるのは生長を阻害するのではないかと思い、土を被せてあります。
 茎葉が旺盛になれば土をどけて陽に当てて本数を減らしながら太らせていきます。
Cyokannae
 

 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

 


盆栽ランキング

 

 

 

| | | コメント (0)

2023年4月 1日 (土)

令和5年4月の作業

 桜の開花で現を抜かしていたら、小菊の新芽もせっせと伸びてきました。
 昨年の石付けの根元付近からは写真のとおり元気な芽が数点出ています。
 これからどう料理するのか、今月中に考えてみようと思います。
 
 さて、4月の作業を列記してみました。
 やるべきことは例年どおりですが、つい施肥をするのを忘れがちでしたので計画的に実行できるように記憶していこうと思います。
1 直幹仕立て   
  鉢上げ後の根の成長具合を見て繰り返し植え替えをしながら鉢の大きさを替えていきます。
2 模様木仕立て 
  ポットから移した鉢の第1回目の植え替えを実施します。
  既に4号鉢に植えてあるので鉢一杯に根が張っていればさらに一回り大きい鉢に定植します。
3 石付き木付き仕立て
  引き続き根の成長に合わせ、石あるいは木に取り付けます。
  
  上記の仕立て方で共通する作業としては
     ①樹形に合わせ立ち上がりを考えて植え替えます。
     ②成長の良い苗は針金を使い樹形を作ります。
     ③根、幹を太くする作業の開始  
      定植した苗の根、幹を太くするためフルメット溶剤を使用します。
4  どの仕立て方においても植え替え時には根張りを考え、本数を減少させて太くなるようにしていきます。

  Istukesinme      

 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

 


盆栽ランキング

 

 

 

| | | コメント (0)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »