« 元葉取りで整枝の準備 | トップページ | 直幹仕立ての整枝とムダ枝整理 »

2023年6月 8日 (木)

直幹仕立ての元葉除去後の整枝

   直幹仕立の鉢は梅雨に入ってあっという間に元葉が繁茂し、脇枝が隠れてしまっています。
 邪魔な元葉を取ってみると脇枝は10cm以上に伸びているので、半分程度に切り詰め整枝をしていきます。
 この場合の整枝は
 ➀頂芽の柳芽の除去
 ②脇芽(脇枝)を切り詰める
 ③主枝、脇枝を針金で下げる
 ④頂芽付近はBナイン(300倍)を塗る
 頂芽の柳芽を切り去り、他の枝を頂芽にするとどうしても徒長の傾向があるので、そうならないように抑えるためにBナインを塗ります。
 正面位置を決め、一の枝ほか主枝が5cm以上伸びたものはアルミの針金を巻きつけ水平以下に下げ整姿します。
 それ以外は主幹からの枝が、平行の位置に出ているものはどちらかを除去します。
 今回は脇枝を切り去らず整姿するため針金掛けは厄介なのでカギ棒で引き下げてみました。
 ・・・1鉢は針金掛けをしてみたところ主枝を折ってしまったので、ビビッてその後はカギ棒で引き下げることにしました。
(直幹仕立ての現状)
Cyokanwakime

(整枝後)
Cyokanseishi

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

 

 

| |

« 元葉取りで整枝の準備 | トップページ | 直幹仕立ての整枝とムダ枝整理 »

直幹仕立」カテゴリの記事

整枝・枝つくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元葉取りで整枝の準備 | トップページ | 直幹仕立ての整枝とムダ枝整理 »