« 石付け仕立ての花後の処理 | トップページ | 冬至芽の平鉢定植 »

2024年2月20日 (火)

小菊の挿し芽の実施

 昨年は2023年2月にさし穂を採り無加温でさし芽を実施、3月末には発根しポット植ができました。
 今年はこれからさし穂を採って挿し芽をしようと思います。
 ただ、さし穂は鉢表面に出ているものは一部のみで、大半は元木の株元に出ているのみ。
 時間的にはこれしかないので、株元に出ている芽を選びさし穂にしてみます。
 挿し芽床は
   バーミュキュライト80%、クンタン20% 無加温
 保管場所はビニールハウス内 
24sasime
 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ キクへ
にほんブログ村

| |

« 石付け仕立ての花後の処理 | トップページ | 冬至芽の平鉢定植 »

苗作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石付け仕立ての花後の処理 | トップページ | 冬至芽の平鉢定植 »