« デジカメ新機種礼賛 | トップページ | 山本一力にはまる! »

2006.01.14

豊川稲荷

okitune2
okitune
正月五日,三が日ではないので,少しは空いているかと思い参詣に訪れた。
しかし,この日は最高の人出だ。明日は成人の日だがそんな影響でもなさそうだ。
稲荷の狐にやっとたどり着いたとき,かつて,写真家林忠彦が残した稲荷の作品を思い出した。
NHKの番組で「命を焼き付けた105枚」というドキュメントだったと思うが
72歳で生涯を閉じた,死期迫る彼の執念の一枚がここにあった。
彼が訪れたのは冬日の夕方である。
狙い通りにお狐の持つ怪奇さ,おどろおどろしたものを表現できたという。
今,同じ場所に立ってみてその作品を思い彼の「東海道」を仕上げるという執念に深い感動を思い起こした

| |

« デジカメ新機種礼賛 | トップページ | 山本一力にはまる! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊川稲荷:

« デジカメ新機種礼賛 | トップページ | 山本一力にはまる! »