« 初紅葉 | トップページ | ネコの目 »

2014.11.13

木戸をあけて

  愛用のニコンのカメラを持って外へ出れば、冷たい風が初冬を演じている。
  ある邸の裏木戸は、落ち葉が客を彩りで送り迎えている。
まもなく傾き始めた秋の陽は、静寂な庭に木々の影を落し,次に来る舞台を作っている。
木戸を見たとき、ふと小椋桂の”木戸をあけて”を思い出していた。
写真と歌詞の情景は少し異なるものの、少年がひとり夜に出れば家出は遠い旅へとつながるだろう、と。
自分の少年時代と重なった。Urakido

ポチッとよろしく!
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| |

« 初紅葉 | トップページ | ネコの目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木戸をあけて:

« 初紅葉 | トップページ | ネコの目 »