« 二俣線―地元写真家の刊行物 | トップページ | シラタマホシクサ満開 »

2016.09.26

レールの掃除

 このごろ、妻の掃除の様子が変なのである。
 室内に掃除機をかければ、あとは拭き掃除をすることが毎日の日課である。
 ところが、ある日突然これにもう一作業が加わった。
 そのため掃除に時間が少々かかるが、それ以上に妻の歓びは大きい。かゆいところに手が届くような商品を、百円ショップで見つけたからだ。
 それがこれ「ペットボトルにつけるだけ!スミズミブラッシング」
 水道ホースが届かない場所、例えば雨戸のレールとかサッシのレールの隅々まで掃除ができるという優れもの。
 毎日腰を降ろしレールを掃除している姿を見るにつけ、人の歓びというのはこんなところでも発見できることを知った。
 ・・・・・で、いつまでレールの掃除は続くだろうか。
 Burashi_2


にほんブログ村

| |

« 二俣線―地元写真家の刊行物 | トップページ | シラタマホシクサ満開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レールの掃除:

« 二俣線―地元写真家の刊行物 | トップページ | シラタマホシクサ満開 »