« アケビ | トップページ | 第67回中日写真サロン入賞作品展開催中です »

2017.10.06

白い風

  河川を上流から下流に向かって眺めたとき、右側を右岸、左側を左岸と呼ぶ。
 つまり 川は下る方向に向いて左が左岸だ。
 天竜川のかささぎ大橋を渡れば河川敷に下り、自転車道をひたすら河口を目指し左岸をいく。
 昨夜来の雨は自転車道にも大きな水溜りをもたらした。
 走りつつ濡れないようにペタルを止めては足をあげ、子供のような悲鳴をあげる。
 風に色があるなら、この日は白い風。
 雨上がりの爽やかさの中に、冷たい風が吹き抜けていく。
 きょうは背中を後押ししてくれている。
 突如、現れた新幹線が河川敷の虫時雨を切り裂いて走り去る。
 トンビがそれを見下ろしているが、餌にありつけるものは何もない。
 待てよ、こっちはラジコン機が自在に空を泳いでいる。
 上ばかりに気を取られていると、脇から一羽のキジが飛び出した。
 おしい、シャッタチャンスを逃す。
 自転車道は挨拶も欠かせない。
 抜かれる時には声を掛けられ、向かいから来る自転車からは挨拶される。
 思わずこちらも笑顔になる。
 やっと4本目の橋をくぐと、河口の遠州灘。
 白い風が、ゆるく重そうに風車に靡いて消えてしまった。

Kasenjiki01


Kasenjiki02


Kasenjiki03

Kasenjiki04

Kasenjiki061_2

Kasenjiki06


にほんブログ村

 

 

| |

« アケビ | トップページ | 第67回中日写真サロン入賞作品展開催中です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い風:

« アケビ | トップページ | 第67回中日写真サロン入賞作品展開催中です »