« 二川宿の福よせ雛 | トップページ | 遠鉄電車新車お披露目会 »

2021.02.24

商家駒屋の白梅

 先日、二川宿を巡り商家駒屋でおひな様を鑑賞後は、主屋から奥へ奥へと誘われる。
 離れ座敷、土蔵、北蔵まで随分と奥が深い。
 文化10年(1813年)江戸時代に建設されたというが、度重なる災害にもめげず何度も普請をして今があるのだろう。
 やっと冬日を浴びたのは倉前の広場にでたときだ。そこには白梅の大きな木が2本すっくと立っている。
 1本は既に上部が切り取られ花数は少ないが威厳がある。
 歴史を感じさせる古木の梅にカメラのファインダーからいつまでも眼を離せなかった。
 

Comaya04
Comaya05
Comaya06

 

 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| |

« 二川宿の福よせ雛 | トップページ | 遠鉄電車新車お披露目会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二川宿の福よせ雛 | トップページ | 遠鉄電車新車お披露目会 »