« 控えめな美しさシュンラン | トップページ | 八方塞がり »

2021.03.16

ひと駅先のとなりの風景

 ほんのわずかな時間だが、電車が来るのを待って線路の先を見つめていた。
 フアインダ―から望める方向には何やら動くものが見えたのでズーミングをしてみたら、隣のホームが目の当たりである。 
 電車の1区間は2キロから3キロ程度の距離にあり、裸眼では識別できない光景だが、妙に感心した。
 この区間は隣のホームまではまっすぐでカーブもなければ遮るものは何もないということ。
 駅と駅とを繋ぐ線路が命綱だとの思いを強くした。
 あっという間にファインダーの中を赤電車が迫り来た。
 Tonarinoeki

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| |

« 控えめな美しさシュンラン | トップページ | 八方塞がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 控えめな美しさシュンラン | トップページ | 八方塞がり »