« ご来店のお届け物 | トップページ | ことしも開催 笠井観音盆供養会 »

2021.07.10

足元の世界に視点を置く

 コロナ禍の中、写真を撮りにいけないとぼやく写真愛好家がいる。
 しかし、足元や空を見上げれば撮れるものはいくらでも存在しているのだから、彼らの悩みは解消されるはずだとおもうが。
 その足元を見てみると趣味の世界が展開されている。
 街には街並み、構築物、マンホール、標識、看板それに働く人々、そして雑草などである。
 家庭の庭には季節の花が順次咲いている。
 遠くへ出かけられない時は育てている花に着目、今日はフウラン、風蘭ともいうがなかなか格調高い名で今が盛り。
 樹上に着生するランで香りの高いものがあるという。
 園地に咲く花と違い栽培種を撮るとなると、アングルが案外むつかしいものだと気づかされた。 Furan02
Furan01

 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| |

« ご来店のお届け物 | トップページ | ことしも開催 笠井観音盆供養会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご来店のお届け物 | トップページ | ことしも開催 笠井観音盆供養会 »