« 半藤一利さんに、はまった1年だった | トップページ | 「元気ですか」年賀状の返事 »

2022.01.01

 目出たさも中くらゐなりおらが春

 新しい年を迎えた。寅年である。
 虎といって何か思い出はあるかといえば別にない。
 精々酒を飲みすぎて大虎になったぐらいで、そのまま年を越して丑が虎になってしまったのである。
 タイトルにあるのは小林一茶の句で虎とは何の関係もない。
 現代流に自己流で解釈すれば、年が明けても世界中は新型コロナの影響で、経済、国民生活は一段と困窮している。
 ささやかな正月を目出たくても、生活するのに、こう制約が多くては目出度さも半減し、つまらんものだと思うのだ。
 さて、年の初めはいつも春日神社の初詣の様子を撮っているが、昨年を上回る強風と寒さで体が縮こまり、シャッターを押す気にならない。
 賽銭箱の上に常時ある鈴はコロナの感染予防で取り外してある。
 撮るものがなくても撮るのが自分の信条なら、このワンショットで今年のブログを始めるとしよう。
 (明治時代の牛肉店頭、去年の牛は肉となり往生したか)
Ooinikuten

(界隈の春日神社)
2022hatumoude

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| |

« 半藤一利さんに、はまった1年だった | トップページ | 「元気ですか」年賀状の返事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半藤一利さんに、はまった1年だった | トップページ | 「元気ですか」年賀状の返事 »