« 301回目の笠井だるま市 | トップページ | 春耕の道 »

2022.01.25

いろいろあった界隈の睦月

 コロナ禍にあって例年どおりの正月行事ができるのか不安ではあったが、なんとか無事終了できたようだ。
 年の初めの春日神社の参拝は、昨年同様マスクを着けての参拝が徹底されて、平穏な正月日和であった。
 だが、1週間が過ぎようとする頃にはオミクロン株の出現で市内も騒がしくなってくる。
 界隈にとっては十日が福来寺の「だるま市」。開催が危ぶまれ不安のタネに。
 しかし主催者の英断で対策を固め、その不安を払しょくし、これまでにない快晴の穏やかな天候に恵まれ、一日中境内は賑わった。
 こうして令和四年寅年は1月15日のお〆め焼きでコロナ禍にもめげず正月行事は無事終了した。20日は大寒、天竜川で地元の神職によって健やかな年を願って恒例の禊が行われた。


Misogikiji                                                             (1/20中日新聞 朝刊より)
                                                       
 その日の午後5時ころ、突然、笠井街道に消防車の唸るサイレンが走り抜ける。
 火の手の方向は、だるま市の開かれた街道の真南にあたり、住民が足早に消防車を追って目指している。
 火事場はそれよりもさらに100mほど先、炎は折からの強風で街道を舐め、黒い煙が舞い上がっている。
 やがて鎮火はしたものの、家主は行方不明で全焼であった。Kaji01  平穏に過ぎようとした1月はあまりにも惨い終末を迎えることになってしまった。 
 数日後、雨となり界隈は何事もなかったように静寂に包まれ。翌朝は街道一面に霧が立ち込めていた。
 この地方で1月の天候がこうも、めまぐるしく変わるのは珍しい。
 来月には改めて近隣の神社に安全祈願のお参りでもして来ようかと思っている。
 Kirinomachi2  
 
 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| |

« 301回目の笠井だるま市 | トップページ | 春耕の道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 301回目の笠井だるま市 | トップページ | 春耕の道 »