« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022.03.29

桜の秘密

 界隈の東に流れる大川の堤には、先週あたりから桜が咲き始め日曜日にはほぼ満開となった。
 地域ではイベントを企画し、地元の産物とお菓子を用意し花見の客をもてなすとか。
 界隈の菓子店には花見に共感して桜餅の幟でも出ているのかと思ったら、それは「柏餅あります」である。
 一瞬、桜餅ではないのかと見間違ったがそうではない。
 この店のあんこは昔ながらの味で好みだ。そりゃあ桜餅よりあんこの量が多く含まれている。
 しかし、せっかく桜が咲いたのだから桜の葉っぱの香りを餅の味とともに楽しみたい。
 だって桜の木に茂っている葉っぱをもぎ取って嗅いだとて桜餅の葉の香りはしないのだ。
 桜餅を食べると少し塩辛く餅の甘みと混ざり美味しく感じる。同時に微かな香りが心地よい。
 ある学者先生が桜餅のおいしそうな香りの成分は「クマリン」という物質で、葉を塩漬けにすることで香りが漂ってくるという。
 しかも塩漬けにしなくても葉を手でよく揉んで揉みくちゃにすることでも同じ香りが漂い始めるらしい。
 葉を揉みくちゃにすることは葉を食べようとする虫の食害にも通じ、葉を傷つけた虫はクマリンの匂いで食べることができず退散する。
 要するに桜の防御反応の結果、虫にかじられた傷口からの菌の侵入を防ぐと考えられている。
 なるほど、葉そのものが香るというのではなくて、それなりの理由があったのだ。
 きょうも菓子店には「かしわ餅」と染め抜いた緑色の幟がはためいている。
 まだ売れ残っているのかと心配になるが、甘い物が好みの人間にはあんこがいっぱい入っている菓子がいい。
 5月の節句にはまだ早いが、買って家族でご相伴にあずかろうかと思っている。
 そうそういい忘れたが、桜餅に使われる葉はオオシマザクラの葉だという。
 この葉が大きくて柔らかく強い香りを出すから、桜なら何でもいいわけではないらしい。
 桜も秋には枯れ落ち、落ち葉が土に返り若葉が育つ糧になるが、その頃枯葉は虫の嫌がる香りを放って親木を虫から守っていると学者先生は公言する。
 秋の雨あがりの日に枯れ落ちた桜の葉っぱ一枚拾い上げて香りを嗅いでみると、桜餅の香りがほのかに漂ってくるというが試してみたいものだ。
Sakuranotutumi01Sakuranotutumi02


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | | コメント (0)

2022.03.19

ガーベラ讃歌~フラワーパークにて

 風の冷たさに温室内へ待避したところ、窓際を中心にガーベラの切り花が咲いている。
 こういう見せ方があるものだと感心し、いつものフラワーパークのイメージとは違う異国情緒に触れた思いがしたコーナーだった。
Gabera01 Gabera02 Gabera03

(浜松市フラワーパークにて)


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | | コメント (0)

2022.03.07

フラワートレイン梅林抜けて

 早春は梅の開花が待ち遠しい。咲き始めればその香りに春を知る。
 どこが見ごろかと探すのも楽しい。
 神社を最初に巡ってみたところ、これは早すぎ。
 となれば今度はお寺かと思ったが、春を愛でる花を見たいからとの要望があり近くのフラワーパークへと足を向けた。
 隣は動物園で平日、でもお客さんはそれなりだ。併設のフラワーパークはちらほら。
 園内は目下春の苗木を植えている作業中で、花らしきものは温室程度である。
 来場者はそれでも窮屈な社会情勢下にあって青空の下で息を吸うのがうれしい。
 ともかく今ある花を満喫しようと最後のガーデンは梅園と決めた。
 大きな熊のモザイクに迎えられ南方向へ・・・この方角が良い。
 紅白の梅林が七・八分咲き程度で賑わっている。
 園のフラワートレインが樹間をゆっくり走り抜けていく。
 それはあたかも梅の花を星と見立てて、銀河鉄道999が星めぐりをしているようでもある。
 遠くからでも二人の乗客の姿が、メーテルと鉄郎と思しき人物が垣間見えた。
 Kumasan

Umenogingatetudou
  
 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| | | コメント (0)

2022.03.01

神の中に梅の花

 遠州森町の奥でひっそりと春を迎えようとしている小國神社に梅の香を求めた。
 2月末日であっても日本海方面は雪、遠州は相変らず冷たい風が吹いていた。
 それでも各地で梅の便りが聞こえるので足を運んでみた。
 この日が天皇誕生日が過ぎたばかりだと知ったのは、駐車場から望む神社方面に日の丸の旗が翻っていたから。
 さて開花状況はいかがかと周囲を見渡すが、目立つのは河原沿いの梅程度。
 せっかくなので、神様を参拝して境内を散策した。
 本格的な観梅には少し気が早かったようだが、気分転換にはなった。
 むしろ神杉の花粉を一杯被ってきたせいか、くしゃみの連続。未だアレルギーが治っていないことを再認識した。
 当日の模様は下記のマイフォトでお楽しみください。
 L1000633_1381
  神の中の梅の花

 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »