« 遠州大念仏 盆供養会披露 | トップページ | モデルさんとの撮影会 »

2022.08.07

朝虹とカラス

 酷暑がつづくと半ばあきらめていたら今度は雨が降り続く。全国的に洪水の被害をもたらすなど決して喜ばれるものではない。
 午後は日差しが厳しく、片陰を探して歩いていると校庭の藤棚の下でカラスが1羽休んでいる。
 緑陰が気に入ったようで黙ったまま羽繕いをしているようである。
 やはりこの暑さには黒い羽根では暑かろうと同情した。
 今朝は早朝から霧雨だ。何気なく南西方向を見ると朝虹がたっている。輪にはならず一部が消えているのだろう。
 ここでもカラスが付近の電柱から虹を観閲していた。
「朝虹は雨の兆し」とは言うが、カラスには霧雨が降っているだけのこと。明日のごみ収集箇所の確認でもしているのか。
 それとも本日も良い日でありますようにとでも祈っているのかも。
 コロナ禍で人の気配が殺風景な日々は人間どもと近景でお付き合いをしているようである。
Asaniji

 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

| |

« 遠州大念仏 盆供養会披露 | トップページ | モデルさんとの撮影会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠州大念仏 盆供養会披露 | トップページ | モデルさんとの撮影会 »