カテゴリー「ニュース」の記事

2019.03.31

瀑布山不動寺の花まつり

今週の4月7日(日)は「お不動さまのはなまつり」が開かれる。

お釈迦様の誕生日をお祝いする花まつりを一日繰り上げて今年は日曜日にあわせたようである。

この時期は例年サクラやミヤマツツジが満開を迎えており、花まつりに一段と彩りを添えてくれていだろう。

当日は、法要や催し物が予定され、本堂前の花御堂にお釈迦様の誕生仏をおまつりする。

花見見物にあわせて訪ねてみたらどうだろうか。

開催日

4月7日(日)  浜北区平口  不動寺

法要

大般若経六百巻転読会
10時30分   大般若経六百巻転読会

玄奘三蔵(三蔵法師)がインドから中国に持ち帰ったとされる大般若経。
転読は、教本をバラバラと豪快に繰りながら経を読むことをいいます。
年に一度、あらゆるものの幸せを願う有難い法要です。

開運供養護摩焚き
11時30分   開運供養護摩焚き ※雨天中止

願い事や厄を込めた護摩木を、不動明王の炎で焚き清める儀式です。
護摩焚きの炎を拝むだけでもご利益があります。

催し物はチラシを参考にどうぞ。

Fudoujihanamaturi

 

気に入ったらポッチと お願いします

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | | コメント (0)

2018.06.12

中日写協浜松支部写真展のご案内

 今年で30回目を迎える中日写協浜松支部の写真展が来週から開催される。
 各地で写真クラブの会員が激減する中、当支部も同様の危機に直面してきた。
 写真展は年1回のぺースで開催してきているので、単純計算でも30年の歴史があり、会の運営にもそれなりの浮き沈みがあった。
 そんな時代を乗り越え、カメラはフィルムからデジタルと移り変わり全国民総写真家の時代を迎えた。
 平成元年に第1回目の写真展を開催して以来、今年は支部創立70周年でもある。
 何の接待もできませんが、どうぞお気軽に写真展をご高覧ください。
 

 

Syasintenannai30
Kaiinn_2



にほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.30

中日写協浜松支部展始まりました

 今年も市内中区中央3丁目のマイン・シュロス ギャラリーにて始まった。
 早いもので第29回目を数えるから、第一回から29年経過したことになる。
  
と き  2017年8月29日(火)~9月3日(日)AM11:00~PM6:00
     最終日はPM4:00まで
ところ マイン・シュロス ギャラリー(浜松市中区中央3丁目)

Subuten291

Sibuten2902


Sibuten2903
Sibuten2904

 


にほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

第29回中日写協浜松支部写真展のご案内

今年も例年どおり開催される。
昨年から会場を市内中区中央3丁目のマイン・シュロス ギャラリーに移しての開催となったが、今年も同場所で行われる。
 
と き  2017年8月29日(火)~9月3日(日)AM11:00~PM6:00
     最終日はPM4:00まで
ところ マイン・シュロス ギャラリー

 

 (昨年の会場写真)
 Cyunitisibu01
Syakyo291
Syakyo292

 


にほんブログ村

 

 

 

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.17

28年中日写協浜松支部写真展の開催ご案内

 第28回中日写真協会浜松支部写真展が来月開催される。
 今年は会場を市内中区中央3丁目のマイン・シュロス ギャラリーに変更した。
 ここ最近、会員の高齢化により退会者が多く、出展者も減ったことからの英断である。
 例年中日東海本社の後援を受け、クリエート浜松で開催されてきたので、これまで来てくれた方には変更で混乱するかもしれない。
 出展は会員のうち11名が参加し、半切、全紙などの大きさの作品一人2、3点が会場を飾る予定。
 以下開催日時は下記のとおり
 なお新規支部会員を引き続き募集しているので当日会場での申し込みを受け付ける。
と き  2016年5月24日(火)~29日(日)AM11:00~PM6:00
     最終日はPM4:00まで

ところ マイン・シュロス ギャラリー

Sibuten28_2


       
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.15

中日写真展開催中

 5月14日から浜松市中区のクリエート浜松において、第65回中日写真展が開催されている。
 中日写真協会と中日新聞の主催によるもので、写真公募の応募件数3,922点の中から入賞181点を展示している。5月15日は第2日目となり多くの来場者で盛況であった。
 同展は5月18日まで開催される。

なお、中日写真協会浜松支部の写真展は2014年6月24日から29日までクリエート浜松で開催を予定している。Cyuniti2652

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.24

青島千恵子写真展「彷徨」開催近し

 写友である青島千恵子氏が再び東京、大阪のNikonSalonで写真展を開催する。
テーマは前回同様「光る音」シリーズの続編で今回はNewYork彷徨と題する。
 同氏がかつて写真集「光の音」を出版したとき、写真家土田ヒロミ氏が青島氏の作品を評して上梓のことばを寄せていた。
「彼女は一体何を写そうとしているのか?写真が捉えているイメージは、とらえどころのない混乱が投げ出されているだけに見える。雑然とした日常生活の家屋の周辺に視線が集中している。・・・・彼女によってかすめとるように撮られた写真には意識的にデザインされたものよりも、生活者の無意識の領域さらにいえば文化の様式が表徴化されて浮上してきている」と。
 今回の作品もこれまで同様のスタイルを見せ付けることだろう。
 先日ルミナリークラブの例会でお会いしたときに撮影エピソードを聞かせていただいた。
3年前に女一人旅でアメリカニューヨークに5回行った。
カメラはもちろんフィルムのコンタックスアリアを愛用し、ゆきあたりばったりの無計画な旅となったという。
 こんな彼女の作品展がニコンサロンで開催されるのだが、彼女の撮影スタイルを思い浮かべると、どんな写真展が展開されているのか今からわくわくする思いである。
写真展の詳報は下記案内を参考にぜひご高覧くだされば幸いである。
  2013.8.6(火)~8.17(土)10:30から18:30(最終日15:00まで)
  新宿ニコンサロン
Aosima2_2Aosima1_2

>>にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/xuwtx5sh71hs

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.27

中日写真サロン展覧会開催迫る

 今年も中日写真サロン展覧会が下記のとおり開催される。
浜松支部からはみごと中野会員が入選した。
ぜひご高覧ください。

なお当期間中館内のギャラリー34では浜松市出身市川恵美さんの個人写真展が開催されているので併せて鑑賞できる。

中日サロン写真展:平成25年7月3日~7日  クリエート浜松ギャラリー35

 中日写真協会のホームページでも作品は見れますが、現物を見るのは作品作りに大変参考になります。

中日写真協会HPアドレスhttp://chunichishasinkyoukai.jp/gallery/index.html

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.11

田園のアリアからCMへ

 夕方、畑で作業をしていると、風に乗って西尾舞衣子嬢のアリアが聞こえてきた。
そんなときは、握った鍬を置く。
 その姿を自分では19世紀フランスの画家ミレーの晩鐘の農夫に置き換え、祈りこそ捧げないがつかの間の休憩である。
 先日も、いつものようにアリアが聞こえるので、今日は家で練習かと思っていたところ、通りがかりの近所の方から、「最近、テレビに出ているよ。」という。
 自宅へ戻り、言われたとおりスポンサー「トーカイ」をネットで確認すると
「10月1日よりTOKAI住宅部の新しいテレビCMが流れています。浜松市出身のソプラノ歌手の西尾舞衣子さんがアレンジしたシューベルトのアベマリアを歌ってくださっています
CM撮影に立ち会わせていただきましたが、さすがプロ!
美しい声で歌っていただきましたface17
とあった。
 すると、これまで日中聞こえたアリアはTVだったのか?
 ともかくも、CMへの登場、舞衣子さんにブラボー!!

このCMはWebからもご覧いただけます。
ぜひご覧ください!! →  http://www.estmer.jp/

Maiko

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.10

ルミナリークラブ写真展成功裏に終了

 9月4日より9日までの期間開催した写真展も860人の来場者で無事終了した。
この間、ボランティアで写真展開催のお手伝いをしていただいた田口博美氏には青島千恵子会員を筆頭にクラブ一同より御礼申し上げます。
 来年以降本展示会は中止やむなしと思っていたのだが、写真展終了後の反省で出展にかかる費用は多少上がっても開催しようという声が多く、結局25年度も同会場で開催することになった。
 来場していただいた方の感想も、近年写真展が減少傾向にあるので、ルミナリークラブの中止を惜しむ声が多々あった。
 そのため25年度も9月4日開催予定です。
目標が定まれば明日からでも早速作品作りが始まります。開催の折にはぜひ又お越しくだされ写真の談義に花を咲かせましょう。なお,開催期間中多忙の中を割いてご来場頂いた浜松写友会の皆様、二科会静岡支部会員の皆様,作品づくりにご協力いただいた長谷田ご夫妻様、鈴木様、田中様,元ルミナリークラブ会員の皆様、元ルミナリーカメラ写真店の中村様,富久竹様どうもありがとうございました。 Tenj00

| | | コメント (0) | トラックバック (0)