カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2021.10.23

「遠州の文化人」墨華堂エッセイ集

 たまたま図書館でこのタイトルに興味を惹かれ手にしてみた。
 冊子は今年8月に個人の方による出版物である。
 著者は墨華堂主人村越房吉氏、発行者は大谷洋介氏である。
 二人の共通点は地域の古書古美術に造詣が深いことで、大谷氏が村越氏からいろいろ教わったという。
 本書は村越氏が過去に付き合いのあった文化人に関わるエッセイ集であり、かねてから大谷氏が文を残すことを依頼していたものらしい。
 冒頭に大谷氏の序があり、その経過を紹介している。
「村越さんのお人柄から酒脱な文章で、私が前々から聞いてきたことが、今更のように思い出されました。この随筆集を私だけが楽しんでいたのでは、かつての浜松の文化人と言われた人達が忘れ去られてしまう・・・」
との危機感から発行に及んだとのことである。
 目次には高橋佐吉翁、画家間山龍明氏、俳人相生垣瓜人の名が見える。
 なお本書は誰にでも読めるような大文字サイズで印刷されており、高齢者にはありがたい。
 さらに著者が「古書古美術」の専門家のため、エッセイ中で「にせもの横行」の記述がある。
 愛好家の方にとっては必読の書となろう。
Ensyunobunkajin
A5判 P55仕様

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | | コメント (0)

2019.12.19

老いてはカメラにしたがえ

 老いては子に従えとか、かわいい子には旅をさせよなんて昔から言われている。
 そろそろ自分も老いの境地へと入っていくのかと思うと情けないが、孫たち(子)の扱いには少しばかり同情するところもある。
 近ごろ、好んで見るわけでもないが、かつて見たテレビ番組が再放送されることが多くなっている。
「この番組は絶対見ているはずだから再放送なら見る必要はない。」
 と思ってタイトルをみると、やはり記憶にない作品だと納得し見ることがある。
 ところが番組が結末まで達したとき「ああ思い出した。これは前に見たぞ」ということがよくあり、見る必要がなかったのだ。
 最近、この傾向が読書にも現れてきた。
 図書館で好きな作家のエッセイを借りて来るのだが、ブックカバーのイラストを見る限り初めて手にする本だと確認する。
 だが、掲載されたグラビアを見て、俄かに記憶が戻るのである。
「ああ、これは一度読んだことがあった」
 無駄な時間を過ごしてしまったと後悔し反省しきりとなる。
 記憶喪失というのにはかなり大げさだが、認知症とも違うし、単なる物忘れでしかないはずだ。
 気が付くうちはまだ健康で、健全な精神を持ち合わしていると自分に言い聞かせている。
 やっぱり老いては子ではなくカメラにしたがい、好きな写真を撮っていることが一番性に合っているようである。
 Oitara

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

 

 

 

| | | コメント (0)

2016.11.20

秋葉街道 塩の道 竹林喜由写真集 

 木枯らしが吹き始めるとどういうわけか「塩の道」を思い出す。その想いを写真にしてくれたのがこの作品集である。
 著者はカメラ雑誌の月例フォトコンテストの常連でアマ写真家として知られている。
 住いは藤枝市だが、もともとは名古屋出身である。
 この作品集は静岡県に住いしたからこそ刊行できたと云ってもよい。
 タイトルのルートからすれば浜松の町村は春野町、龍山村(現天竜区)佐久間町、水窪町までである。
 著者は冒頭「塩の道ルートは物流の道であり、文化交流の道でもあった。秋葉街道は秘境ともいえる山峡の道であるが、開発の影響は由緒ある歴史の道を変貌させ、風化と共に「道」がその姿を消そうとしている。ここに消滅しつつある「道」を甦らせ、伝説や芸能そして歴史を掘り起こしながら、「道」を記録することは、先人たちの文化を守り、後世に伝える一助になると確信する。」と信念を持って読者に伝えている。
 塩の道という大きなテーマに著者が精魂込めて取り組んだ作品である。
 2000年第10回林忠彦賞受賞作品集でもある。
著者 竹林喜由 発行所 ㈱日本写真企画 発行平成12年Shionomichi

 


にほんブログ村

 

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.31

吉川英治名作選「桧山兄弟」

  今年は吉川英治の著作にどっぷりとはまっている。
 元はといえば「親鸞」を読み始めて、鎌倉時代へと遡り、その歴史への好奇心は「新平家物語」にたどり着いたのである。
 さすがにこの物語は大作であったが、記憶に残る歴史の復習ともなり、読後は満足感で満ちていた。
 次に「私本太平記」を手にし第1巻を読み終えたところで自分の分身が「お疲れ様の声」を聞いてしまった。これも巻数を見て長編であることに一服感が出てきてしまったからだった。
 だからといって作家吉川英治の著作から遠ざかりはしなかった。
 そして手にしたのは「檜山兄弟」である。
 内容を知らぬまま読み進むうち、明治維新を目指し歴史の歯車となる主人公の活躍に一喜一憂、まさに痛快時代劇である。物語の中に様々な作者の仕掛けがあり、頁を繰る指に力が入ってしまう。
 幕末維新の実在人物、すなわち高杉晋作や大久保、西郷たちが数多く登場する。だが中心軸は主人公檜山兄弟である。同時に忘れてはいけないのは、イギリス公使パークスを国際勤王派として、フランス公使ロッシュを国際佐幕派として登場させている。これによって当時の国際情勢を視野に入れたグローバルな視点が幕末維新小説として画期的な試みを成している。
 ほかには兄弟が危機一髪のところで海賊船が突然現れ彼らを救う場面は圧巻であった。
  硬い歴史小説を読む合間には少しばかり軽い?この物語は一読に値する。しかも読後の清涼感は梅雨時には最適な一冊でもある。
 映画にでもなったらどんなにか見せ場が多いことか、楽しい娯楽時代物になることだろう。Hiyama_2


にほんブログ村

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.21

鉄舟という男

小説もテレビのドラマも幕末編は興味深い。
とりわけ、NHKの大河ドラマの「龍馬伝」は絶好調だと個人的には思っている。
時代背景といい、歴史上の登場人物といい、まさにドラマに引き込まれてしまう日曜日の放映時間帯だ。
そんな中にあって、ふと思うのだが主役と反するもう一方の側はみんな悪者なのか、愚かなのか。
善悪人がいるから筋書きが面白いのであって、この時代はいかがなものか。
とかく主人公に贔屓目になるのが物語の展開だが、歴史の一コマとなるともう一方の側の人物の動きも興味深く、知りたくなる。
山岡鉄舟という男は、もう一方の歴史の立役者であろう。Inochi
先日、静岡市で開かれた直木賞作家山本兼一氏の講演会で「鉄舟」に関する著作の中身に触れていた。
このとき鉄舟がなぜ静岡になじみがあるのかその理由をはじめて知った。
清水次郎長が一役買っていたのだ。
そればかりではない。
最後の将軍徳川慶喜の名代として西郷隆盛と江戸城の明け渡しの談判をしたというのである。
詳しくは著作を読んでいただくのが一番だが。
幕末の一方の側鉄舟の活躍を知ることも歴史を面白くするのではなかろうか思う。
今、彼の偉業と人物伝にぞっこん惚れこんでしまっている。Inochi2
山本兼一氏の小説「命もいらず、名もいらず」下巻「明治編」は一段と面白い。

※写真のサインは山本兼一氏のもの。なぜかどくろがかかれている。その理由がわかる方はコメント希望します。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

「お家さん」100年に一度の経済危機だからこそぜひ読んでもらいたい

年末で読み終えたこの本は、今思えば鈴木商店の経営者の一代記であっても、れっきとした日本の資本主義発展への歴史小説でもある。
明治、大正、昭和と生き抜いた主人公は女性経営者、彼女が男尊女卑の時代にご主人がなくなったところから「鈴木商店」を存続させようと歴史の舞台に登場する。
その道は決して楽なものではないが商店に働くみながひたむきに努め鈴木商店を盛り上げていく。
その甲斐あって商店は日本一の年商を上げる巨大商社へと成長していく。
が話はここでは終わらない。さらに多くの不幸が待ち構え、乗り越えようとするも、すでに時代は古い商売の仕方では世界金融恐慌には太刀打ちできない。
ここにこの本の学ぶべきところがあるように思う。
物語の展開も登場人物も興味深い。
詳しいストリーはぜひ本を読んでいただきたい。P1030170_2
推薦の一冊である。

作者 玉岡かおる 、 新潮社「お家さん」

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.30

「天地人」の原作から

 来年のNHK大河ドラマが「天地人」だというので原作を手にしてみました。
これまで原作者の名前も知らなかったのですが、読んでみて、すぐにも虜になってしまいました。
内容は、上杉家の参謀直江兼続(なおえかねつぐ)の物語で、取り巻きの戦国武将がリアルに描かれています。物語のくだりは書評に任せますが、、この本から得たのは原作者自身の作品の面白さでした。読み終えて感動も冷めぬ間に、早速次なる本「全宗」を一息で読み終えました。Hisaka
 この作品も切り口が今までと違い、ちょい悪の主人公全宗が秀吉と結びつきを強め、歴史の舞台に登場し、最後は秀吉の子作りまで関わっていきます。
始まりは物語を面白くするために前身を甲賀忍者に仕立てていますが、これも面白い。大体、秀吉の側近にこんな人物がいたなんて意外でしたが、あっという間の面白さ。再び、今次の作品に食指が伸びています。天地人のおかげで新たな火坂ファンになってしまったようです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.01

菜種晴れと風と共に去りぬ

Nanohana 北海道洞爺湖サミットの会場周辺にある菜の花畑に、参加国の国旗がお目見えしたと報道があった。
この梅雨時期に菜の花とは不思議に思ったのだが、北海道には梅雨はなかった。
下界では、じめじめした梅雨空が毎日続いているが、先日の日曜日などは全国的に大荒れの天気になった。
そのおかげで?愛読書を紐解くことができ、なんと書名はひにくにも「菜種晴れ」だった。
物語は、一女性の苦難に満ちた人生のほんの一部を垣間見るものだが、P6300046_4
登場する主人公二三の凛とした生き方には和製スカーレット・オハラを思わせる。
広々とした菜の花畑を背景に、髪を風になびかせて、
これまでの人生を振り返りつつ新しい生き方を決意する最終章は、さながら「風と共に去りぬ」の主人公と重なった。
こんなにも、菜の花が重い人生を展開するとは以外だった。

サミットにおいても、たかが菜の花と言わず、されど菜の花は歴史の証人なれと、世界のトップに歴史に名を残す協議を期待したい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

一力節冴える

S4_3    たまたま、山本一力先生の講演会を聞く機会にめぐり合えた。
2月23日静岡市清水区の会場で「江戸の家族力」の演題で開催された。
この日開催時間が迫るにつれ、雨風の強い荒れた天候となったが、聴衆は多く大変な盛況ぶりだった。
中身については主催者に任せるとして、感じたことを一言紹介したい。
当人を目の当たりにしたのはこれが初めてで、テレビで見るのとは少しばかり体形が横に広がっているような気がした。
初対面だと上から下まで目が行ってしまう。
小説書きの人となりを拝見した思いであった。
講演のなかに作品の主人公の話が出るかと期待していたが、それはなかった。
しかし、家族に対する思いやりと自らの教育のあり方についての信念を語るときは、まさに一力節は冴え切っていた。
これには共感するものがあった。
  帰路、気を良くして清水次郎長の生家を訊ねてみた。
小説の「背負い富士」の背景となったところである。
館内には若いカップルが一組、次郎長の人物伝を知ってか知らずか?見学していた。が、彼らの目先には賽銭箱とお守りがあった。
故人を偲ぶとは思われないが・・・・生家を写真で紹介します。S2_4
近くへ行ったときはぜひ一度立ち寄って見てください。
生家もいいけど、付近の商店街がいい感じかも。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.03

銀しゃり

しばらく一力作品を離れていると、次に手にとったときは妙に新鮮な感じがする。
こんなとき読んだ作品がこれ。下町人情のすし屋の物語。
内容を紹介するとコレカラ読もうとする人の楽しみが半減するので詳しくは紹介できないが,感想はずばり、すがすがしい結果を読者にもたらしてくれる。
主人公寿司職人新吉は、若手で自分で店を出している。
次々と事件が起こる中、自分の寿司をいかにおいしくできるか悩みつつ成長していく姿を描いている。Gin
タイトルから受ける感想は、寿司職人の物語かと想定はしていたが、店頭での箱つめ寿司とは思いもよらなかった。
文中、寿司飯を作る場面が出てくるたびに、酢の甘酸っぱいにおいと味が伝わってくる。
それに友人の妹との関係も興味深い。
事件はたいしたことではないが、それでもハラハラさせられる。
だからこそ、ストーリーにのめりこんでいくのかも。
繰り返すが一力作品の人情話ははまる。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧